いつでもどこでも 声に出して南無阿弥陀仏

南 無 阿 弥 陀 仏      圓福寺住職 池 田 常 臣

読売新聞に掲載された、ある中学生の【伝えたい言葉】という詩があります。

たった一言が言えなくて 「ありがとう」が どうしても言えなくて

たった一言なのに言えなくて いつも先送りしている言葉 さりげない優しさに向かって

「ありがとう」が言えなくて 大事な気持ちなのに言えなくて

今 一番伝えたい言葉 いつも笑顔を向けてくれるのに

「ありがとう」が言えなくて ごめん  自分に勇気がもてたらいつか

必ず言おうと思った言葉 心からの「ありがとう」

私たちは、日々の生活の中で、色々な人とのやり取りや関わりがありますが、人に言葉を伝える時、果たして、どのくらい素直に自分の気持ちを表して、心からの言葉を、発しているでしょうか・・・

何か頼む時の「お願いします」、感謝の気持ちをあらわす「ありがとう」や、あやまる時の「すいません」・・・口先だけなら言えるかもしれないけれど、相手を目の前にした時、自分の心の中に本当にその気持ちが無いと、心からの言葉は、言えないものであります。日々の生活の中で、冷静に振り返ってみると、意外と少ないのかも知れないですね。

色々な場面において、相手に素直に自分の気持ちを伝えることは、大切なことでありますが、その場合まずもって、こちらからしっかり「伝えよう・伝えよう」と、心を込めることが大事であります。また、そうしなければ、相手に伝わりません。

そんな私たちが毎日の信仰という生活の中で、素直に自分の気持ちを、お伝えさせていただく、そのお方はどなたでありましょう・・  そう・・それは阿弥陀様ですね。

そして、心を込めてお伝えする、大切なお言葉は、そう・・・それは「南無阿弥陀仏」ですね。毎日阿弥陀様に対して、「お助けください・どうぞ宜しくお願いします」と心を込めて、信じ任せて南無阿弥陀仏と声に出してお称えすることであります。

それでは「南無阿弥陀仏」とお称えする時や処は、どのようにしたらよいのでしょうか・・・ 法然上人は、「いつでもどこでも 行住坐臥 時処諸縁をきらわず」 とお示しであります。行くも止まるも座るも臥すも 動いている時も、じっとしている時も、座っている時も、寝ている時も、いつでもよいのですよ。

そして、時やところを選ばず、また楽しい時も、悲しい時も、つらい時も、いずれの心持の場合でもよいのですよと、有り難くお示し頂いております。

いつでもどこでも、「お助け下さい・どうぞ宜しくお願いします」と心を込めて信じ任せて南無阿弥陀仏と、声に出してお称え申し上げるのであります。

『ただ頼め 頼む心があるならば 南無阿弥陀仏を 声に出だせよ』

『ただ頼め 頼む心があるならば 南無阿弥陀仏を 声に出だせよ』

頼む心があるならば、南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 と声に出してお称えさせて頂く、そこが大切なのであります。いつでも、どこでも、どんな時でも、阿弥陀様の本願を信じ、声にしっかり出してお称えするのです。南無阿弥陀仏のお名号には、それこそ沢山の計り知れない功徳が、込められているのです。

称え始めたその時から、阿弥陀様はしっかりとお守り下さり、この現世では、・・・まさに今生きている時には、心安らかに過ごさせて頂け、命の縁が尽きた時には、必ずお迎え下さり、西方極楽浄土へとお救い頂ける。そしてお浄土では、御先祖様にお出会いさせて頂き、阿弥陀様にしっかりと守られながら、悟りに向けて仏様にまでお育て頂けるのであります。それだけ全てのことが、「南無阿弥陀仏」の6文字の名号に含まれているのです。

お一人お一人が、今以上に阿弥陀様の本願を信じて、南無阿弥陀仏と声に出して、お称えを続けていかれることを念願申し上げます。

『ただ頼め 頼む心があるならば 南無阿弥陀仏を 声に出だせよ』であります。

合掌十念

本願をどのようにいただき、お念仏を称えるか

南 無 阿 弥 陀 仏       圓福寺住職  池 田 常 臣

 

「夢買った その時だけ 信心深くなる」今までに、宝くじ買われた方も、結構いらっしゃるかと思います。何とか当たってほしいと、この時とばかり 普段信心がそうないのに、お仏壇に向かい、仏様を頼み、ご先祖様にお願いしたりする。何とか、宝くじが当たりますように、願いが実現しますようにと、しっかり手を合わせてお願いしたりする。それでもまあ、滅多に当たるものではないですね・・・・当たらなければ、「あーやっぱりダメか」と、もう手を合わせることもそれっきり。こういうお願いの仕方は、本当の信仰の姿ではないです。

まず、動機が不純 一時の信じた振り、そして目的も自分の利益の為だけであって、継続性も無いですね。私たちが頼りとする阿弥陀様は、こういうかたちで、お願いする仏様ではないのであります。私たちが阿弥陀様に対して、持つべき信仰とは、これとはまったく逆でありますね・・・心からお願いします、という気持ちをしっかり持って、南無阿弥陀仏と信じ称え続けなければならないのです。

阿弥陀様の本願を信じて、南無阿弥陀仏と称え始めたその時から、命尽きる時まで、阿弥陀様は私たちに大いなるお慈悲を注ぎお見守り下さり、最後臨終の夕べには、お迎え下さり西方極楽浄土へ往き生まれさせて頂ける・・・往生させて頂けるのです。お念仏者の大目的であるところの往生、そのことが間違いなく約束されるのであります。

宝くじが当たりますようにとか、身近な自分の利益になることだけを、思いつきで、お願いすることではないのですね。あれもこれもと、行き当たりばったり、何でもかんでも、お願いすればいいのではないのであります。

浄土宗の信仰は、阿弥陀様の本願に只只、信じ任せ、お願いすることであります。我が名を称えるものは、必ず我が西方極楽浄土へ救い取るぞ・・・そのようにお誓いなされているのです。ですから、阿弥陀様どうぞ宜しくお願いします。お助け下さい、その心持ち一方向で、南無阿弥陀仏とお称えさせて頂ければよいのであります。

法然上人は「念仏の声するところ我が遺跡なり」とお示しでございます。「南無阿弥陀仏とお称えするところは、すべて私に縁のある場所ですぞ」と仰せであります。それでは、私たちの生活の中で「念仏の声するところ」にあたる、一番身近な場所とはどこでしょうか。

それぞれの家の中に、大切な場所がありますね・・・・そう、それはお仏壇ですね。阿弥陀様が真ん中においでになり、御先祖様のご分身であるお位牌を、お守り頂いていますね。そのお仏壇に向かい、毎日の生活の中で、阿弥陀様にお願いさせて頂くのであります。家庭の中心であるお仏壇の前に、毎日座り、灯明とお線香を手向け、お給仕をさせて頂き、そうして南無阿弥陀仏とお念仏をお称えするのであります。そのお仏壇こそ、法然上人が「念仏の声するところ我が遺跡なり」といわれた、家の中での場所なのです。そこでしっかりと、阿弥陀様の本願を信じて、南無阿弥陀仏とお称え頂くことが大切であります。

お仏壇は家の中、家庭の中心にあって、家族の集う場所でなければなりません。おばあちゃんだけ、おじちゃんだけが、決まった人だけが、お参りするのではなく、家族共々親しみ、共に手を合わせるところなのです。そして、いつでも南無阿弥陀仏と、お念仏をお称えするところなのです。毎日の生活の中で、お仏壇に向かい南無阿弥陀仏とお称えすること、そのことが法然上人の御心「念仏の声するところ我が遺跡なり」にかなうことなのであります。

それぞれの家庭の中に、法然上人が「我が遺跡なり」といわれた、ご縁のある場所を持たして頂いていることは、何と有り難いことでありましょうか。「どうか宝くじが当たりますように」と、その場限りにお願いするところではないのであります。南無阿弥陀仏と本願を信じて、お称えすることにより、往生という大目的が約束されるのであります。

合 掌 十 念

私たちがひとえに頼むところ 【 阿弥陀様の本願 】

南無阿弥陀仏

圓福寺住職      池 田 常 臣

ある自然科学者が、人は死ぬと火葬して酸素と二酸化炭素に分解して、後には灰が残るだけと、常日頃から言っていたんですね。自然科学者としての自信からでしょうか・・・死んだらもうそれでお終いと、常々豪語していたのです。だから、当然宗教・信仰というものは、持ち合わせてはいないのでありましょう。

この自然科学者が、ある時突然、小学生の愛娘を亡くされたのです。人は死んだらそれで終わりだと、常々言っていた、それこそ無宗教の人ですから、愛娘の死ということも、割り切って考えられたことでしょう。日頃の言動からして、それが当然でありました。ところが、それがどうしたことか、この愛娘の死をきっかけにして、月命日のたびに、娘の好きだったケーキを持って、お墓参りに足繁く通いだしたというのです。

これって一体、どういうことなのでしょうか。

いざ、自分の大切な娘の死ということに、初めて直面してみて、今まで頭では割り切れていたことが、割り切れていたつもりになっていたことが、実はそうではなかった。それどころか、まったく正反対であったのです。

人は死んだら灰になって、それでもうおしまい。そんなふうには、とてもとても愛娘の死は、受け入れることが出来なかったのでありましょう。

この私たちは如何でしょうか・・・・

頭だけで考えて、「お浄土なんて、ある訳無いじゃない」誰も行って、見て来た人が、実際にいる訳ではないし、本当に有るのか無いのか、はっきりわからないものを、信じても仕方が無いでしょう・・・・

西方極楽浄土って言うから、真西に有るって言うけれど、西へ西へ行くと地球は丸いから、またもとに戻るだけじゃないか・・・・そんなふうに、理屈をこねたり、ただ頭で考えて判断してはいないでしょうか。

元気な時、物事が順調な時はそのように考えるかもしれませんが、いつでも、ことが順調に運ぶとは限りませんよね・・・また、何時何時までも、年をとらず、病気にもかからず、死を迎えない人などいないですよね・・・

老・病・死、老いること・病(やまい)にかかること・死ということは全ての人に当てはまることであり、誰一人として逃れることは出来ません。老いというものを感じるようになってきたり、突然病に倒れたり、もしくは死ということが目の前に迫ってきてから、「私はこの先どうしたらいいんだろう」、「この不安な気持ちは何とかならないのだろうか」と慌て、もがいても、すぐに解決することはできません。必ず誰にでも訪れる老い・病(やまい)・そして死ということであります。

何かが、この身の上にあってからではなく、今この機会に、もう一度よく見つめてみたいものです。この世を生きていく上で、また老いや病に襲われた時、そして自分の命の終わりが迫って来た時、恐れや不安にさいなまれなくても済む為には、心の杖となるもの、これだという信仰を持つことが大切です。頼りとする信仰を持っているか、それとも持っていないか、これはずいぶん違いがあると思います。何かあってから、それでは信仰を持ちましょうか・・・・そんな訳にはいきませんね。

浄土宗の檀信徒にとって、頼りとさせて頂けるもの、心の杖となるものは、阿弥陀様のお誓いである「本願」に他なりませんね。阿弥陀様の本願とは、「我が名を南無阿弥陀仏と称えるものは、必ず我が西方極楽浄土へ救い取るぞ」という阿弥陀様のお誓いです。南無阿弥陀仏と阿弥陀様の本願を信じてお称えすれば、必ずお浄土にお救い頂けるのであります。

心の中に頼りとするもの、心の杖となる、しっかりとしたお念仏の信仰が頂けたならば、何も無い行き当たりばったりの状態に比べて、どれほど心安らかに過ごせることでありましょうか・・・

お念仏のお称えにより、間違いなく西方極楽浄土に往生、往き生まれさせて頂けるのです。決して、人は死んだら灰になって、もうそれでおしまいでは、ないのであります。阿弥陀様の西方極楽浄土があり、そこに往き生まれさせて頂けるのです。

ひとえに阿弥陀様の本願をお頼みして、南無阿弥陀仏とお念仏のお称えを喜びながらそれぞれの日暮をさせていただきましょう。                 合掌十念

少欲知足

 南  無  阿  弥  陀 

                      圓福寺住職 池

浄土三部経のひとつに『無量寿経』というお経があり、その中に「少欲知足」という言葉が出てまいります。少しの欲で足ることを知る、ということをお示しいただいている言葉であります。 よくよく頭ではわかっているし、そう心がけようと思ってもなかなか実行したり、続けたりすることが難しいのが、この「少欲知足」ということですね。

「物事の 一つ叶えば また二つ 三つ四つ五つ 六つかしの世や」

あれもほしい、これも欲しいという心が、止め処もなく湧き起こってきて、あとこれさえ手に入ればと思っても、実際それが手に入ってしまうと、また後から別の欲の心が湧き起ってきて、いつまで経っても満たされることが無いのが、欲の心であります。

「裸にて 生まれてきたに 何不足」

人は元々裸で生まれてきて、何も持っていなかったのですが、成長するに従って、欲の心がどんどんと頭をもたげてくる。もちろん人間には、食欲、睡眠欲、子孫を残したいという欲、物事に取り組もうとする意欲、などがあり、生きていく為には必要な欲であります。しかし、ただ自分の欲求を満たす為だけに、欲を追求してはなりませんね。それに自分の求める欲を、決して何から何まで、全て満たすことは出来ないのであります。

それ故に、欲を求めるさじ加減を間違えると、そのことが返って悩み・苦しみを生みだすのです。そしていつでも悩み・苦しみを抱えた状態に陥り、たえず不満をつのらせ、ああ、自分は何と不幸せなのだろうと、感じてしまうのです。そうした状態に陥らない為にも、「少欲知足」という、「足るを知る」ことがとても大切なことなのです。程々というところで、「いい塩梅」と思うことも必要なことであります。

「身・命・財」という言葉があります。

身とは、身体の身 健康な体であるということ。命(みょう)とは命 長生きできるということ。財とは 財産です。

それでは仮に「身と命と財」、健康な体・長生きすること・財産が全部揃えば幸せを感じることが出来るでしょうか・・・・「身・命・財」揃ったとしても、本当に心から幸せを感じ・日々安寧に暮らすことが出来るかというと、そうとも言えないですよね。

それでは、私たちは、この心がどのような状態なら、幸せを感じられるのでしょうか・・・生きていると良い時もあれば、芳しくない時もある。この心も浮かんだり沈んだり、結局いずれの時も悩みがつきることなく、心安らかに過ごしたいと願っても、なかなかそうはいかないものですね。この我が身には、決して無くすことのできない、貪り・腹立ち・愚かさの心が有り、どうにかしたいと思っても、自分の力ではどうすることとも出来ない。そればかりか、この心が原因で色々と悪さをして、悩みを生み出している。

また、私達の持つ体力・財産・心などの自分自身の力や、また自分を取り巻く周囲の力・・・家の力・金の力・親子夫婦・兄弟孫子などの親族の力、それぞれは、大切なものですが、こんな私達を救って真実の生活に導いてくれるものではなく、そうなると「この私がいかに無力」であり、頼りとするものを持ちえていないか、ということが良く判ってくるのです。

そんな私たちだからこそ、心安らかに過ごせ、心の中に頼りとする信仰という「仰ぎ信じる」ものが必要となってくるのであります。これだとお任せできるもの、心から信頼して、お願いできるものを持つことが大切です。信仰というものをしっかり持っていれば、以前のように何かあっても、その場その場でうろたえることなく、地に足をつけて歩んでいくことができるのです。

その仰ぎ信じるものこそが、南無阿弥陀仏のお念仏ですね。阿弥陀様の本願を仰ぎ信じて、南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏とお称えいただくことであります。

そうすれば、心の中に頼りとする、確固たるものが芽生えて、悩みにあれこれ振り回されず、安らかに過ごさせていただけるのであります。

合掌十念

 

大切に受け継いでいくこと

南無阿弥陀仏

圓福寺住職 池 田 常 臣

石見銀山が世界遺産に登録された理由の一つが、環境保全にあるという。当時の石見銀山運営は、木を伐採した後には必ず植林をして、決して禿山にしない。だから今でも、当時のまま環境が保たれているのです。

数年前に浄土宗三祖良忠上人の誕生された地、石見三隅の良忠寺を訪ね、その日は石見銀山から程近い港町の、温泉津(ゆのつ)温泉に泊まった。

翌朝温泉街を、浴衣に下駄履きでのんびり散策していると、「いってきます」と大きな声で小学生が自宅を飛び出してきた。
その子供が、後ろから私を追い抜きざまに、「おはようございます」といって、走り抜けていった。
どうやら、私に挨拶したようであった。
暫く歩いていると今度は、玄関の前にいた別の小学生が「おはようございます」と、突然私に声を掛けてきた。暫く間を置いてから「おはよう」と声を返した。いきな
り元気よく声を掛けられ、しばし戸惑ってしまった自分を顧み、知らない者同志でも挨拶しあうことは当たり前なのに、思い返せば昨今こういう当たり前の挨拶が、少なくなったものだなあと感じたのである。

この地方はもともと、お念仏の信仰の厚い地であり、浅原才市という篤信の念仏信者が出ている。
「ねんぶつを もうすというけれど もうさせていただく なむあみだぶつ」
彼の歌であり、「もうさせていただく」というところに深い念仏信仰を感じることができる。

この地方が、従来からお念仏の信仰が篤く、地域の人々が環境を大切に守ってきた背景があればこそ、それが脈々と受け継がれ、今も息づいている。
そして、小学生の子供でも、初めて会った旅行者に「おはようございます」と自然に言わしめるのだと思うのです。
このように地域に根付き、受け継がれてきた信仰心や生活習慣というものは、是非大切に受け継いでいきたいものである。

南無阿弥陀仏のお念仏の信仰と、日々生活の中での挨拶、そして環境に配慮する心こそ、私たちがしっかり受け継いでいかなければならないものであり、そのことが残されている地域にある石見銀山こそ、紛れもなく世界遺産にふさわしいものであると思うのです。

合掌十念