月別アーカイブ: 2016年7月

ただ 頼む心

南 無 阿 弥 陀 仏                      圓 福 寺  池 田 常  臣

読売新聞に掲載された、ある中学生の【伝えたい言葉】という詩があります。 

たった一言が言えなくて「ありがとう」が どうしても言えなくて

たった一言なのに言えなくて いつも先送りしている言葉 さりげない優しさに向かって

「ありがとう」が言えなくて 大事な気持ちなのに言えなくて

今 一番伝えたい言葉 いつも笑顔を向けてくれるのに

「ありがとう」が言えなくて ごめん 自分に勇気がもてたら

いつか必ず言おうと思った言葉 心からの「ありがとう」 

 私たちは、日々の生活の中で、色々な人とのやり取りや関わりがありますが、人に言葉を伝える時、果たして、どのくらい素直に自分の気持ちを込めて、心から言葉を、発しているでしょうか・・・

 何か頼む時の「お願いします」、感謝の気持ちをあらわす「ありがとう」や、あやまる時の「すいません」・・・口先だけなら言えるかもしれないけれど、相手を目の前にした時、自分の心の中に本当にその気持ちが無いと、心のこもった言葉は、言えないものです。

日々の生活を冷静に振り返ると、意外と少ないのかも知れませんね。

 色々な場面で、相手に素直に自分の気持ちを伝えることは、大切なことですが、その場合まずもって、こちらからしっかり「伝えよう・伝えよう」と、心を込めることが大事であります。また、そうしなければ、相手に伝わりません。 

 そんな私たちが毎日の信仰という生活の中で、心のこもった自分の気持ちを、お伝え致す、そのお方はどなたでありましょう・・ そう・・それは阿弥陀様ですね。

 そしてお伝えする、大切なお言葉は、それは「南無阿弥陀仏」ですね。毎日阿弥陀様に対して、「お助けください・どうぞ宜しくお願いします」と心を込めて、心を乗せて、南無阿弥陀仏と声に出してお称えすることであります。

それでは「南無阿弥陀仏」とお称えする時や処は、どのようにしたらよいのでしょうか・・・

法然上人は、「いつでもどこでも 行住坐臥 時処諸縁をきらわず」 とお示しであります。

 行くも、止まるも、座るも、臥すも 動いている時も、じっとしている時も、座っている時も、寝ている時も、いつでもよいのですよ。そして、時やところを選ばず、また楽しい時も、悲しい時も、つらい時も、いずれの心持の状況でもよいのですよと、有り難くお示し頂いております。

 いつでもどこでも、「お助け下さい・どうぞ宜しくお願いします」と心を込めて南無阿弥陀仏と、お伝え申し上げるのであります。 

『ただ頼め 頼む心があるならば 南無阿弥陀仏を 声に出だせよ』 

 頼む心があるならば、南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 と声に出してお称えさせて頂く、そこが大切なのであります。いつでも、どこでも、どんな時でも、阿弥陀様の本願を信じ、声にしっかり出してお称えするのです。 

 南無阿弥陀仏のお名号には、それこそ沢山の計り知れない功徳が、込められているのです。称え始めたその時から、阿弥陀様はしっかりとお守り下さり、この現世では、・・・まさに今生きている時には、お慈悲の光明に照らされ、心やすらかに過ごさせて頂け、人間世界の縁が尽きた時には、必ずお迎え下さり、西方極楽浄土へとお救い頂ける。

 そしてお浄土では、御先祖様にお出会いさせて頂き、阿弥陀様にしっかりと守られながら、悟りに向けて仏様にまで、お育て頂けるのであります。それだけ全てのことが、「南無阿弥陀仏」の六文字の中に含まれているのです。 

 お一人お一人が今以上に阿弥陀様の本願を信じて、南無阿弥陀仏と声に出して、お称えを続けていかれることを念願申し上げます。                             合掌十念

8月12日「新盆法要」を勤めます。

平成28年度の「新盆法要」を8月12日、午後2時受付午後2時30分よりお勤めいたします。施主各家におかれましては、新仏様のお位牌をお持ちいただきます。共々にお念仏をお称えして、ご回向をいたしたく存じます。ご家族ご親族お揃いでお参りください。尚新盆施主各家におかれましては、この日にお迎えをしていただきますので、ご用意をされてお越しください。合称十念