月別アーカイブ: 2017年3月

平成29年度 圓福寺まつり開催

平成29年度 圓福寺まつりを、4月2日日曜日に開催します。この行事は、例年4月の第一日曜日に開催され、一ノ割町会、一ノ割香取神社、一ノ割呑龍上通り商店会と共催する行事です。

9時50分から、春日部石川市長他、地元の県会議員、市会議員等が来賓としてお越しいただき、開会セレモニーを行います。その後春日部市指定文化財である曼陀羅堂内の寺宝(木彫立体当麻曼陀羅等)を年に一度お開帳します。堂内にて拝観いただけます。

境内では、一ノ割呑龍通り商店会より各種の模擬店が出店され、フリーマーケットも開催されます。また、抹茶の席も屋外に設けます。

更に境内では、4回六昇龍太鼓会の演奏が披露され、午後には本堂内にて、春日部親善大使あえかさんのコンサートが開催されます。

どうぞ、春の善き一日お出かけされ、お楽しみいただければとお待ちしております。                    合掌十念

 

「人として生まれた有難さ」

南無阿弥陀仏     圓福寺住職 池 田 常 臣

人としてこの世に生を受けることは、有難いこと、有ることが難しいことなのです。

 そんなことよくよく考えたことなど無いよ、という方もおいでかと思います。今元気でバリバリと働いている方、目標に向かって一生懸命に頑張っている方にとっては、人として生まれることは難しいことだ、そのように思う機会が少ないかもしれませんね。また、定年を迎えようとしている方や、定年後の人生をそれぞれに歩まれている方にとっては、これからの人生設計のことが大切であって、「人として生まれさせて頂いたこと」が、どうのこうのということではないよ、と言われるかもしれません。

 しかし、よくよく考えてみて下さい。様々な良い縁がいくつも重なり合って、ようやくこの人の世、人間界に生まれさせて頂いたのであります。法然上人も「人の世に生まれることは、はるか天上の世界から、糸をすーと垂らして、その糸が、海の底に沈んでいる針の穴を通すが如く、有り得無い位難しいことなのですよ」と、お示しされ、それだけ人として生まれさせて頂くことは、難しいことだと譬えられているのです。

 南無阿弥陀仏とお念仏を称えさせて頂いているこの私達の心がけとして、折にふれて、人として生まれさせて頂いたことは、実に有難いことなのだなー、あたり前のことではないのだなーと、我が身に照らし味わいながら、お念仏のお称えを毎日続けて参りましょう。

合掌十念

 

平成29年 圓福寺春彼岸中日法要

南無阿弥陀仏
春彼岸中日法要を、平成29年3月20日春分の日午前11時よりお勤めします。受付は10時30分からになります。当日冥加料はお納めいただきます。共々にお念仏をお称えして、御先祖様方のご回向を申し上げ、また自身のお念仏の励みにして頂きたく存じます。
なお、当日法要終了後、建設中の客殿と別院の見学会を開催いたしますので、こちらの方にも是非お参加いただきたくお知らせいたします。合掌十念