令和4年 圓福寺「 初 詣 」行事中止の案内

令和4年の初詣行事(例年元旦・2日に開催)は、コロナ禍の状況の今後が見通せないことにより、誠に残念ではありますが中止させて頂きます。

従いまして、お札・お守り・御朱印等の授与は行いませんので宜しくご理解の程お願い致します。

尚、1月8日(土曜日)9日(日曜日)の2日間、午前10時より午後4時まで、お札・お守り等の授与を致します。授与をご希望の方は、両日の時間内に、本堂内玄関迄お越し下さい。                    合掌十念

 

 

 

令和4年度 初詣 中止について

コロナ感染状況が未だ先が見通せない状況であります。12月には、第6波の感染拡大の予測もあります。

よって、令和4年度 圓福寺初詣 1月1日、2日の行事は中止とさせて頂きます。御祈願やお札、お守り、御朱印等の授与は行いませんので、ご了承下さい。

通常の参詣は出来ます。開門時間は、午前7時から日没迄となります。                     合掌十念

令和3年度 十夜法要 中止の件

例年 11月23日 勤労感謝の日に勤めていました十夜法要ですが、いまだコロナ感染の状況が見通せません。

よって、令和3年度の 圓福寺十夜法要は中止と致します。宜しくご理解の程お願い致します。合掌十念

 

令和3年度8月 迎え盆 送り盆について

南無阿弥陀仏 コロナ禍による緊急事態宣言下でのお盆を迎えることになりますが、くれぐれも感染対策を怠りなく無事にお参りされます様お願い致します。     合掌十念

・迎え盆 8月13日金曜日 午前6時開門 午前中

本堂正面のところに、五如来様と盆の施本を用意しておきますので受け取られて、自宅の施餓鬼檀もしくはお仏壇にお飾り下さい。このような時ですので堂内でのお参りは遠慮頂いています。迎え火は本堂内でお取り頂けます。

・送り盆 8月15日日曜日 夕刻より

今年もコロナ禍によりかき氷等の用意ができませんが、各家の墓地にお参り下さい。五如来様は、封筒に入れて本堂正面賽銭箱右に納札箱がありますので、そちらに納めて下さい。                    合掌十念

 

 

令和3年度「新盆法要」奉修の件

令和3年度「新盆法要」は、例年通り8月12日木曜日

10時受付、10時30分法要開始となります。

なお、コロナ禍の現況を鑑み既にご案内の通り各施主家

1名の参詣とさせて頂きます。

宜しくご理解の程お願い致します。合掌十念

令和3年度 大施餓鬼会 奉修の件

令和3年度の圓福寺大施餓鬼会は、コロナ禍の状況を鑑み

檀信徒の皆様の参詣は頂かずに、6月1日に寺内にてお勤めし、各家の先祖代々の御回向と年回の御回向を申し上げます。

当日大施餓鬼法要後に供養塔婆を、各家の墓所にお立てしておきますので、後日ご都合の良い機会にご参詣、墓所参りを射て頂ければと存じます。合掌十念

圓福寺住職 池田常臣

 

4月4日日曜日「圓福寺まつり」は中止致します

コロナ感染拡大が続いており、この先の状況もいまだ見通せない状況となっています。

昨年に続き、4月4日日曜日開催予定であった「圓福寺まつり」(共催:一ノ割町会・一ノ割香取神社・一ノ割呑龍通り商店会)は中止したします。

皆様の安寧と、コロナ早期終息を祈念致します。合掌十念

3月20日「春彼岸中日法要」は中止致します

現今、コロナ感染拡大が続いており、この先も見通せない状況であります。

よって、令和3年3月20日予定の、「春彼岸中日法要」は中止致します。

皆様の尊体ご自愛とコロナ感染の早期終息を祈念致します。合掌十念

2021年(令和3年)圓福寺「初詣」は中止いたします。

今般のコロナ禍の状況を鑑み、例年1月元旦、2日におこなっていました「初詣」は

中止いたします。よって両日の行事は一切行いませんので宜しくお願い致します。

新春御祈願、お札・お守り・守護矢・だるま・御朱印等の授与、甘酒の接待等

の行事は行いません

なお、本尊阿弥陀様へのお参り、墓参などは通常通り行えます。

開門時間 午前7時  閉門時間 午後4時30分頃(日没時)となります。

8月13日迎え盆・15日送り盆について

8月13日が迎え盆(6時開門~昼頃まで)15日が送り盆(夕刻)となります。現況コロナ感染症拡大の状況にありますので、お参りの際はマスクを着用し、参詣者同士ソウシャルディスタンスを保って、十分気を付けてお参りされて下さい。

お参りは本堂正面にてお願いします。五如来旗、施本は本堂正面階段中央のテーブルに用意しますので、各自でお持ち下さい。迎え火は本堂内2か所用意しておきますので、正面両側より堂内に上がり頂いて下さい。

尚、このような状況下ですので、13日のお茶の接待、15日のかき氷の接待は残念ながら中止いたします。                          合掌十念

圓福寺住職 池 田 常 臣